近年、新車市場でも勢いを増している軽自動車。
はたして軽自動車の魅力とはなんでしょうか? 徹底解説いたします!
MENU
HOME
軽自動車とは
軽自動車のメリット
軽自動車のデメリット
軽自動車の種類
軽自動車の価格帯
軽自動車の維持費
軽自動車の燃費
軽自動車の車検
軽自動車の中古車購入は損なのか?

軽自動車の中古車購入は損なのか?

軽自動車への乗り換えや、新規購入を考えた際、意外にも中古の軽自動車の価格は、高めの設定でビックリした、また、新車と中古車はどちらがお得なのか分からない…という人も多いのではないでしょうか。

中には、現在普通車に乗っていて、節約の為に軽自動車に乗り換えたい人も多く、もちろん、車が小さくなる分の維持費は節約できる事は事実なのですが、中古の軽自動車の買い方や価格によっては、節約にならない場合もある、という事をしっかり理解しておく事が、中古の軽自動車を購入する際の、重要なポイントとなります。

例えば、現在所有している普通車の買取査定が10万円だった場合、その10万円で軽自動車を購入すれば、節約は成功だという事は分かりますよね。しかし、近年のガソリンの高騰や、自然災害などで、軽自動車の需要が高まり、中古車でも車体価格自体が高くなっている事もあり、 10万円だと、15年や20年落ちの車ばかりになってしまいます。これからのメンテナンスなども考えると、少なくとも現在所有している普通車と同じ年式か、できれば少しでも新しい年式の軽自動車が理想的ですし、 買取査定よりも高い軽自動車を買った場合には、何年乗れば元が取れるのかを考えて行く事が重要なポイントとなるのです。

逆に、現在4L越えの大きな車を所有している場合などには、自動車税や車検代、保険代なども大幅に節約できる事になりますから、例え買取査定額が5万円程度で、中古の軽自動車を60万円で購入したとしても、年間の維持費が20万円以上安くなるのであれば、約3年程度で元が取れる計算になる、とも言えるのです。

要するに、一概に中古の軽自動車が値が下がらないので損、という事では無く、何年乗り続ければ、どの程度の元が取れるのか、を考える事が重要なのです。
また、初めての車購入の場合にも、目先の金額や維持費だけで無く、将来的な、何年か先の維持費なども踏まえて検討する事が大切だと言えるのです。

フィット買取相場はこちら

 


Copyright© 軽自動車ってそんなにお得なの!? Allrights reserved.