近年、新車市場でも勢いを増している軽自動車。
はたして軽自動車の魅力とはなんでしょうか? 徹底解説いたします!
MENU
HOME
軽自動車とは
軽自動車のメリット
軽自動車のデメリット
軽自動車の種類
軽自動車の価格帯
軽自動車の維持費
軽自動車の燃費
軽自動車の車検
軽自動車の中古車購入は損なのか?

軽自動車の車検

軽自動車でも普通車でも必ずしなくてはいけないのが車検です。
料金は軽自動車の方が安くはなりますが、車検基本料金やメンテナンスなど、明細を見ても良く分からない…何にお金がかかっているの…?という人も多いのではないでしょうか。

まず、「車検」と一口に言っても、実は「新規検査」「継続検査」「構造等変更検査」の3種類の車検があり、今まで乗っていた車の車検期間が満期になる際に、継続して乗り続ける為に受ける検査が「継続車検」という事なのです。
ですから、一般的に言う「車検」は「継続車検」という事になる訳です。

軽自動車も普通車と同じように、新車で購入した場合には3年、その後の継続検査は2年で満期になります。
車検が切れたまま車に乗り続けてしまうと、無車検運行という事になり、違反の罰則として6点も原点されてしまいます。
満期になる前の早め早めの車検を受ける事が重要です。

そして、車検にかかる費用に関しては、まず、「法的費用」と「点検、整備費用」の2種類に分ける事ができます。

法的費用とは、「自賠責」「重量税」「印紙代」の3つをまとめた費用の事を指している為、どんな車であっても、必ず納めなければならない金額が決まっているのです。
一般的な軽自動車であれば、自賠責が24ヶ月で26、379円、重量税が8、800円、印紙代が1、400円、となり、合計で36、570円が、必要最低限かかる法的費用となります。
もちろん車が大きくなればなる程、金額も大きくはなりますが、法的費用ですから、どこでどんな車検を受けたとしても、自分の車にかかる費用が変わる事はありません。

そして、もう1つの点検、整備費用、これが車検の金額が大きく左右される費用です。
基本的に、車検を行う業者が任意で価格設定をしている金額になっているのです。
基準としては、軽自動車車検協会という所が実施している検査基準を、クリアすれば良い、となっている為、整備や点検項目も業者によって違ってきます。
基準をクリアする為の点検と整備を行うのか、痛んだ部品などもしっかりと交換して、完璧な点検と整備を行うのかで、金額の差は大きく変わってくる事が分かります。

ディーラーで車検を行うと金額が高くなってしまうのもこの為で、もちろん走行距離や年式も関係はありますが、多くの部品やパーツは、交換の目安が決まっていない物が多いのです。
そしてディーラーではこの交換目安を、現在支障が無くても将来的に支障がありそうな物を、 前もって早めに交換する傾向にある為、費用が高くなってしまうのです。

ディーラー車検は費用が高くなる事が多いので、見積もりを確認する事も大切ですが、その分メンテナンス面での安心感は大きいと言えますし、ある程車に詳しい人などが車検だけ通したい、というのであれば、近所の整備工場などでも良いと言えます。
自分に合った整備を行ってくれる場所を選ぶ事も、車検の重要なポイントです。

 


Copyright© 軽自動車ってそんなにお得なの!? Allrights reserved.