近年、新車市場でも勢いを増している軽自動車。
はたして軽自動車の魅力とはなんでしょうか? 徹底解説いたします!
MENU
HOME
軽自動車とは
軽自動車のメリット
軽自動車のデメリット
軽自動車の種類
軽自動車の価格帯
軽自動車の維持費
軽自動車の燃費
軽自動車の車検
軽自動車の中古車購入は損なのか?

軽自動車の価格帯

軽自動車の魅力と言えば、税金などの維持費の安さや燃費の良さ、そして、何よりも車体価格の安さが1番の魅力でもあります。
中には例外として高価な軽自動車も存在していますが、タイプによって安い車種から高価な車種まで、大まかに価格帯が決まっています。
特に、購入時のコスト面を重視する人であれば、最低限の装備の軽自動車を選ぶ事で、かなりのコストパフォーマンスが期待できると考えて良いと言えるのです。

価格帯から見て、最近の車種で最も安い軽自動車は、ダイハツ「ミライ―ス」CVTが745、000円。
次いで、スズキ「アルト」4ATが808、500円。
「アルトエコ」CVTが838、950円、というように、100万円以下で購入できます。
中でも1番安いミライ―スは、燃費が33、4km/L。
アルトエコでもJC08モードで35km/Lなのに比べて、1、6km/Lの差があり、購入時の価格や維持費を考えても、ミライ―スが1番安いという事が分かります。

また、タイプごとの大まかな価格帯に関しても、「セダンタイプ」のミラやアルトは、65万円〜150万円。
「セミトールワゴンタイプ」のワゴンRやムーヴが、90万円〜140万円。
「トールワゴンタイプ」のタントやパレットは、105万円〜170万円。
「SUV、クロカンタイプ」のジムニーやパジェロミニが、120万円〜170万円。
「1BOXタイプ」のバモスやアトレーワゴンは、110万円〜170万円。
「スポーツタイプ」のコペンやR2が、80万円〜180万円。

このように、タイプ別で大体の価格帯が決まっており、車の構造が複雑になればなるほど、金額が高くなって行く傾向がある事が分かります。
ターボや電動式などの自動で動く機能を搭載していたり、4WDになってくると、何もないノーマルな車種よりも、車体価格が高くなるという事です。

また一般的には、平均価格100万円〜150万円辺りの車種が人気でもありますし、逆に、価格が高めの設定であっても、売れ筋No1車種などが存在している事も事実です。
特に最近では、ホンダ「N−BOX」CVTが1、239、900万円と、高めの価格設定でありながら、ダントツの人気で今、最も売れている車種なのです。
こういった人気車種は、基本的に価格で判断されていない事が分かりますし、メーカーごとに力を入れている部分や特化している部分が違う為、機能や性能から車種を選ぶ事も重要なポイントと言えるのではないでしょうか。

そして、メーカー別の平均を価格設定から見てみると、日産、三菱<ダイハツ<スズキ<ホンダ、という順で設定価格が高くなる傾向があります。
特にホンダでは、軽自動車とはいえ、内外装や走行性能などにしっかりとコストをかけ、普通車に劣らないような車種を送り出しているメーカーでもある為、このような価格設定の傾向が生まれてくるのです。

要するに、価格の安さが魅力の軽自動車でもありますが、選ぶ際には価格だけでなく、自分の生活スタイルや使用頻度などを考慮して、より自分に向いている車種を選ぶ事が大切なポイントになる、という事なのです。

 


Copyright© 軽自動車ってそんなにお得なの!? Allrights reserved.