近年、新車市場でも勢いを増している軽自動車。
はたして軽自動車の魅力とはなんでしょうか? 徹底解説いたします!
MENU
HOME
軽自動車とは
軽自動車のメリット
軽自動車のデメリット
軽自動車の種類
軽自動車の価格帯
軽自動車の維持費
軽自動車の燃費
軽自動車の車検
軽自動車の中古車購入は損なのか?

軽自動車の種類

軽自動車と聞くと、どんな車を想像しますか?
ルールとして規格が決められているのは、日本独自の法律でもありますが、逆に言えば、規格内に収まってれば、どんなタイプであっても軽自動車と分類される為、色々なタイプの軽自動車が生産されているのです。

まず1番大きく分類すると、「乗用車」「貨物自動車」「特殊用途自動車」に分けられます。
そして、その中でも一般的に乗用車として使用される「乗用車」タイプの軽自動車の中では、「セダンタイプ」「ワゴンタイプ」「オフロードタイプ」の3種類に分類されています。
この乗用車タイプは良く知られているように、人の輸送を目的として使用される車の事を言い、経済性や使いやすさから、生活に密着した使われ方をしている事が分かります。

セダンタイプの代表的な車種としては、ダイハツ「ミラ」、ホンダ「N−ONE」、スズキ「アルト」、日産「モコ」、トヨタ「ピクシス」などが有名で人気があり、従来の軽自動車としてコンパクトで低燃費である事が特徴となっています。
あまり運転に自信の無い人にも、コンパクトで小回りが良く利きますし、維持費やコストを抑えて行きたい人にはセダンタイプの軽自動車がオススメと言えます。

そして、ワゴンタイプの代表的な車種は、ホンダ「N−BOX」、スズキ「ワゴンR」「エブリーワゴン」、ダイハツ「タント」「アトレーワゴン」などが人気の車種で、軽ミニバンや軽ワンボックスの車が、ワゴンタイプの軽自動車となります。
ワゴンタイプの特徴としては、軽自動車と思えない程の室内空間の広さと、スライドドア搭載などで、小さな子供でも楽に乗り降りできる事で、ファミリーカーとしても愛用されることが増えてきました。
燃費に関してはセダンタイプには及びませんが、ワゴンタイプの充実した広さや性能は、軽自動車売上ランキングでも、常に上位に入るタイプと言えます。

また、オフロードタイプの代表的な車種としては、スズキ「ジムニー」「ハスラー」、日産「キックス」、マツダ「AZ−オフロード」などがあり、「パジェロミニ」や「テリオスキッド」「ゼット」なども販売中止になってはいますが、有名な車種として、中古車市場でも未だ人気のある車種です。
現在の日本では、オフロードタイプの軽自動車に力を入れているメーカーが少ない為、スズキのジムニーがダントツで人気の車種となっている事も事実です。
アウトドアや趣味用の車としては、オフロードタイプが優れていると言えるでしょう。

一口に軽自動車と言っても、生活習慣や環境に合わせて選ぶ事で、より車種の性能を活かした乗り方ができますし、快適な車との関係を楽しめるキッカケにもなるのではないでしょうか。

 


Copyright© 軽自動車ってそんなにお得なの!? Allrights reserved.